車載対応品(XDシリーズ)と民生品(XCシリーズ)の違い

  製品名 スペック保証範囲 テスト管理 組立工場
25℃ 高温 限定 車載管理
車載対応品 XDxxxx-Q(*1) 動作温度範囲内(*2)
一般民生品 XCxxxx-G(*1) 常温保証のみ - - -

(*1)xxxxは製品分類、分野毎に決定されます。
(*2)設計保証を含みます。

車載対応品の用途

カーインフォテイメントから車載一般装備品に至るまで、幅広い用途に向けた製品をリリースしていきます。

当社製品採用事例

  • DC/ACインバーター
  • ETC/DSRC
  • GPSモジュール
  • カーエアコン
  • カーナビゲーション
  • キーレスエントリー
  • サブディスプレイ
  • タッチパッド
  • バックモニターカメラ
  • パワーウィンドウ
  • パワースライドドア
  • ヘッドアップディスプレイ
  • メーター
  • 後部座席モニター
  • 車載カメラ
採用場所イメージ

車載対応品についてよくあるご質問

AEC-Q100とはなんですか?

AEC規格の1つで、集積回路(IC)のための各種信頼性試験を定めたものです。

AECとはなんですか?

AECはAutomotive Electronics Councilの略称で、大手自動車メーカーと米国の電子部品メーカーが設立した車載用電子部品信頼性の標準化団体です。

IATF16949は取得していますか?

トレックスはファブレスメーカーのため、自社でIATF16949を認証取得することはできませんでしたが、2019年にグループ会社のIATF16949取得工場の遠隔地支援部門として認証登録を頂いております。▶IATF16949への取り組み
また、IATF16949で求められるコアツール(SPC、MSA)を用いた管理の導入の他、お客様からのご要望に応じてPPAPドキュメントの提供も行っております。

トレックスの車載製品の定義を教えてください。

製品リリース時はAEC-Q100での製品認定を行っています。
また量産テストやトレーサビリティなどで量産品と異なる管理を実施しています。

品質や環境対応はどうなっていますか?

ISO9001、ISO14001の認証を取得しています。またEURoHS/REACH並びにハロゲン&アンチモンフリーに対応しています。

車載製品のサポートはどのようになっていますか?

車載ビジネス拡大に向けた中核拠点として2016年4月に【関西技術センター】を開設いたしました。
各地に分散していた製品設計、量産技術、品質保証の機能を集約し、「営業・開発/技術・品質保証」による一気通貫の対応力を提供いたします。